最初のオフショア開発

私の最初のオフショア開発はアメリカで暮らしていた時ですが、あるアメリカの小さなベンチャー企業の開発を請け負って、日本国内の技術者を雇った時でした。

もちろん日本人同士、言葉にはなんの問題もありません。しかし、いつまでたっても画面があがってこないため電話越しにミーティングをくり返しましたが、なにが問題で進まないのかが、当時はなかなかわかりませんでした。問題は、メンバーがPHPなどのウエブシステムの経験が少なく、アーキテクチャをなかなか理解できず苦しんでいたからでした。

それに反して、次に実施した米—日プロジェクトは、日本国内ではまだ知る人も少なかったEJBをアーキテクチャとして採用しました。当時、EJBに関する日本語書籍はリファレンス本一冊しか存在しなかったころです。それにもかかわらず、技術背景が近い物同士でチームを組めたため、コミュニケーションの問題はありませんでした。

結局言葉よりも技術で話し合える事が大事だと感じた時でした。

次に紹介するオフショアプロジェクトの舞台は上海です。

Posted in オフショア一般

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>