海外進出コンサルティング

東南アジアをマーケットとされる企業様へ、

海外進出・撤退をご支援します。

現地提携先企業・人脈・投資家をご紹介します。

 

オフショア開発.jp.netの特徴

東南アジアでの事業立ち上げを内側から支援します。

お客様の立場でコアメンバーとして企画立案し、それを実行します。

事業立ち上げを的確かつスピーディーに推進します。

        • 日本人  事業経営経験者
        • 現地人 事業経営経験者
        • パートナー企業

この必要不可欠な3者のスムーズな連携で国別実情にあった設立・撤退をスピーディに可能とします。

小さなプロジェクトでも発注可能です。

お客様が得た利益から成功報酬をいただきます。

 

国情に通じたコンサルティング

政治情勢、インフラ、治安、衛生環境、宗教、文化、人々の性格、トレンド。

国によってさまざまな違いが存在し、商習慣に反映されます。また、相手国、企業を選択する上で十分な吟味が必要であり、選択した後には相手がなにを重視しているかを知らずしては、言葉が通じたとしても長期の信頼関係が成り立ちません。

    • 生産という観点
      上流、下流、第一次産品、第二次産品といった生産対象による国の選別。
    • マーケットとしての観点
      今その国で、この地域でどういったサービスが必要とされているか。
    • パートナーとのコミュニケーション
      相手の信頼を得るにはなにが必要なのか、どう行動すれば良いのか。

タイ、ミャンマーでは、

仏教社会ならではの、人とひとの繫がりを重視したつきあいかたが非常に重要です。それは現地の政界、財界系含む本当の人脈を活かした事業推進、協業のための情報収集、マネージメントコンサルが必要な理由です。

マレーシア、インドネシアでは、

モスレム社会の習慣に基づく事業推進に必要不可欠なパートナーを得る最も効果的な相手は、金融機関です。弊社はマレーシアの最大手で大きな影響力をもつ金融機関との協業により、その数百に渡る小会社を選別、ご紹介し、ほぼどのような業界においても優良な協業相手を得ることが可能です。

世界のイスラム保険業界は今後成長が予想されており、インドネシアの人口は2億4千万人で中印米に次ぐ世界4位の国です。マレーシアはイスラム金融の国際拠点を目指しており、ここ数年のマレーシアの動きは目覚しくシンガポールに迫る勢いがあります。いっぽう、マレーシアは、異なる民族が一緒に暮らす多民族国家です。

東南アジア9カ国に対応!

対象国 人口
非宗教圏 シンガポール 5百万人
フィリピン 95百万人
モスレム圏 インドネシア 240百万人
マレーシア 30百万人
仏教圏 タイ 65百万人
ミヤンマー 60百万人
カンボジア 15百万人
ラオス 7百万人
社会主義圏 ベトナム 85百万人
その他 インド、バングラディシュ、香港

お問い合わせ

東南アジアに精通したコンサルティングチームが承ります

国内外で複数の会社の経営経験をもったコンサルタントが支援いたします。

まずシニアコンサルタントが窓口となり、各専門コンサルタントを選別して御社に最適のチームを構成します。

シニアコンサルタント

百瀬 邦博(ももせ くにひろ)

百瀬 邦博

私は、長年東南アジアでのビジネス経験で培った各国の政界、財界への高いレベルでの人脈を、ご相談に応じて提供してまいりました。その中で米系、英系ふくめ大手コンサルタント会社は、総論に強い反面、特に中小のお客様が必要としている具体的な作業、各論で詰めていく、という点ではサービス化されていない傾向にあると感じております。

パートナーのご紹介、また案件をまとめるというところに自信を持っております。また現地企業に直接的なコネクションを持っておりますので、成長を続ける東南アジアをマーケットとされたいという企業様は、ぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

経歴
日本大学 中退
1967年―2000年 NEC㈱勤務
1998年−2000年 株式会社アットアーシュ・ドットコムの取締役COOとしてアウトソーシングビジネスを推進
2000年―現在ビジネスコンサルタント

海外駐在経験
1972年―18ヶ月USAIT技術者
1975年―14ヶ月オーストラリアITアドバイザー
1976年―12ヶ月インドネシアITアドバイザー
1978年―2年間タイビジネスアドバイザー
1980年―1988年シンガポールITマーケツテイング

海外現地法人及び海外販売店支援経験
アジア、オセアニア
韓国、台湾、中国(北京、ほてい、上海)、香港、フィリピン、
タイ、ミヤンマー、マレーシア、シンガポール、インドネシア、ブルネイ、
バングラディシュ、インド、パキスタン、イラン、イラク、サウジアラビア、
クウェート、イスラエル、オーストラリア、ニュージーランド

ヨーロッパ
英国、ドイツ

北米・南米
USA(ボストン、ニューヨーク)、ブラジル、アルゼンチン

シニアコンサルタント

Dr.マヌー・オーディードルチェスト

Dr. Manoo Ordeedolchest
タイ王室 アドバイザー
科学技術省 アドバイザー
教育省 アドバイザー
タイ王室 ナイト 綬爵

Dr.マヌー・オーディードルチェスト

オフショア開発.ne.jpでは、40年間タイのコンピュータ業界で活躍しておりますマヌー氏をご紹介します。

マヌー氏は、8年間ATCI(タイコンピューターインダストリー)の代表者を勤め、現在は名誉会長を務めています。企業を育て、タイの様々な業界、政府にアドバイザーとして活躍し、IT業界のみならず、タイおよび東南アジアに進出されるあらゆる企業様にとって最上のアドバイザーです。

 

お問い合わせ

経歴

オレゴン州立大学卒
1964年―1969年 ビジネス アナリスト
1969年―1994年 ITサービス企業経営
1975年―2003年 チュラロンコン大学他 客員教授
2003年―2006年 情報通信技術省 ソフトウェアー事業開拓庁 長官
2006年―      各種団体及び 企業のアドバイザーとして活躍中

その他、過去40年間マヌー氏はChulalongkorn University や National Institute for Development Administration (NIDA)など、タイの多くの Graduate Schools で非常勤講師を努め、教育にも多大な貢献をし、多くの人脈を持つ人物です。

ATCI(http://www.atci.or.th)は、タイ初の情報技術プロフェッショナルアソシエーションとして発足しました。メンバーは、ハードウェア・ソフトウェアのメーカー、代理店、サービスプロバイダなどで構成され、参加企業のマーケットシェアは、タイIT市場の80%以上を占めています。ATCIは、国のICT政策とICTマスタープランの開発に重要な役割を果たしています。

オフショア開発.jp.netのコンサルタントは全員実際の経営経験を持つ取締役経験者です。

投資コンサルタント

  • 香港 1名 日本人
  • シンガポール 1名 インド人
  • マレーシア 1名 マレーシア人

ビジネス コンサルタント

  • タイ 8名 日本人1名 タイ人 7名
  • シンガポール 2名 シンガポール人
  • マレーシア 5名 マレー人
  • ミヤンマー 4名 ビルマ人
  • インドネシア 2名 シンガポール人、マレー人
  • フィリピン 1名 フィリピン人

 

我々にご相談ください。

小規模から大規模な案件まで柔軟に対応します。

まずはご相談ください。

日本人・現地人、両方の事業経営経験者と、現地企業との3者による国別実情にあつた的確かつスピーディーなご支援を提供します。

お問い合わせ

成果を主体としたリーズナブルな料金体系です。

ご支援費用目安
30万円/月〜(非常勤)

+ 旅費・交通費実費
+ 成功報酬

お打ち合わせの上お見積もりいたします。

お問い合わせ

海外進出のフェーズ

フェーズは3ヶ月単位で承ります。

特定のフェーズを対象とした発注も可能です。

    1. 情報収集

      現地提携先企業・人脈・投資家のご紹介

      御社のビジネスに必要な現地の協業先企業を徹底調査

      一歩踏み込んだ情報から御社に最適なご紹介•ご提案

      • 特徴
      • 業界における立場背景
      • 協業のメリット、デメリット

      非公開企業の情報も豊富です。

    2. 計画作成

    3. 事業立ち上げ

      ビジネス立ち上げに伴う必要な個別コンサルタント、サービスをご紹介します。

      会社設立サポート

        • 現地法律相談・弁護士
        • 現地公認会計士

      オフィス立ち上げ

        • 要員手配
        • オフィス選定
        • オフィスサプライ

      ITサポート

        • 汎用業務システムのクラウドサービス
        • アウトソーシング
        • キッティング
    4. 事業拡大

    5. 事業縮小

    6. 事業撤退


お問い合わせ


海外への事業進出コンサルティング
海外進出をご検討されている企業様むけの、初期立ち上げに必要な業務をお手伝いいたします。 弊社ではタイ、ミャンマー、マレーシア、インドネシアにおける会社設立および、協業先のご紹介をサポートいたします。

海外進出を検討している

中国 大連でオフショア

中国の強みは、日本企業との長年の蓄積による品質に対する意識、漢字文化圏であることのコミュニケーション能力です。
大連では人件費も新興の東南アジアとそれほど変わりません。

中国大連でのオフショアに興味がある

ベトナムでオフショア

人気上昇中のベトナムです。弊社の提携先は長年一流日本企業との実績があり、弊社ブリッジとの歴史の長い会社です。
おだやかで几帳面な日本人と似た気質のベトナムで御社の開発拠点を構築しませんか?

ベトナムでのオフショアに興味がある

オフショア開発ブログ